京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ216 「個性的な太子像」

2011年02月18日(金)





聖徳太子のお像をお預かりしました。


個性豊かな民間仏の太子像。


一木で彫られた太子像の台座がないということで、

新たに制作してほしいというご依頼。




太子像は、大半が繧繝縁(うんげんべり)の畳に立たれます。

框に畳をのせた礼盤が太子像の台座とされ、





こんな感じで仕上げることにしました。





材は尾州桧。

框だけ・・というのはなんなんで、小足をつけてました。






畳には胡粉下地の上、畳の彩色。

框・小足には漆を塗り、最終古色を施します。



太子像には足駄(台座に固定するホゾ)がなく、

このように、二点のホゾを新たに固定し、畳にホゾ穴を設けました。






2点のホゾなんで、向きが変わることなく、しっかり固定できます。


繧繝縁と古色彩色仕上げ。

なかなか楽しい仕事です。