京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

仏像修理のハ・ナ・シ27『指の修理』

2009年02月17日(火)

修理の中で多いのが、

指の欠損。


仏壇のご本尊、阿弥陀如来像でいいますと、

上げ手(右手)の指の損傷が最も多いでしょうか。

例えば、この仏さん

立像5寸の阿弥陀さんですが、



中指が縦に裂けてしまって・・・

薬指の指先にも損傷が見られます。

立像5寸ですから、指になるととても繊細。

取扱いには十分注意が必要です。


修理としては、



損傷部分を新しく補い、



新補部分に金箔をつくろって、



乾いてから、人工の時代色(古色)を補います。

修理としては以上ですが、

指や手首の損傷もさまざまです。

過去にご紹介した指や手首の補修もご紹介しておきます。


ブツネタ8 「てっ・・手首が。でも惚れ惚れ。」

ブツネタ25 「この指と〜まれっ」

修理のハナシ后 愆霆狎K,帽腓錣擦寝造』(全5回)


あなたのお家のご本尊は大丈夫ですか・・・?