京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

♪合掌♪手をあわそ─崔描3寸のご本尊」

2010年05月20日(木)



今日も無事に1日を過ごすことができました。



日々感謝、ご先祖さまにも感謝です。



そんな思いを込めて、ご本尊、お仏壇に手を合わせましょう。





今回の納入は、黒檀のお仏壇です。


お仏壇に合わせて、バッチリ☆な仏間も作られました。


仏壇と仏間の寸法がバッチリ合ってて、


そのお仏壇には、手間ひま掛けて制作したご本尊と台座・光背を祀る☆


当社としましては、最も推奨するお祀り方です。





ご宗旨は真言宗。

ご両脇には、弘法大師と不動明王の軸を吊らせて頂きました。


絹本に肉筆手描きを施し、

表具師さんにしっかり裏打ちされて表装して出来上がった掛軸です。








何度か登場した大日さんとその台座・光背。

ブツネタ161 / ☆彫りあがりました★28


嫁ぎ先が決まり、晴れてこちらのお家のご本尊となられました。


やっぱり、座像3寸は存在感があります。


白檀が入手難で、今後は相当厳しい座像3寸・・。

僕にとっても非常に思い入れのあるお仕事となりました。