京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

☆彫りあがりました★30 「尾州桧塗下・座像の阿弥陀像」

2010年08月05日(木)



彫り上がりました。



座像の阿弥陀如来像です。


身丈は3寸。





尾州(木曽)桧で制作。


これで仕上がりではなく、

この後は、漆塗りの工程に移ります。




塗下ですので、

顔を割り、玉眼を嵌入。







頭部の内部には、

平成二十二年七月吉日と墨書き。



何年も先に、ご修復されることがあって、

この墨書きを確認されることがあるんでしょうか・・。



他に、願文や施主名等を、

和紙や木札に書いて、胎内に納入することを

当方ではご提案いたします。



こちらの阿弥陀さんの台座・光背は、

これから木地の制作に掛かります。


仏さんの塗りには、特に時間が掛かりますんで、

ひと足先に塗師さんのもとへ・・・。





塗り上がりましたら紹介します。

ではでは、また。