京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ23 「出会い、そして再会★」

2008年03月10日(月)
お仏壇を制作中。

彫り物以外の木地が完成しました。

以前に、「台座へのこだわり」でご紹介した台座は、このお仏壇に入ります。

この後、仏壇は塗師へ。台座・光背は仏師の手に渡ります。


「仏壇」と「台座・光背」 

双方の木地は、別の木地師により作られ、今日はじめての顔合わせになりました。

納期も限られてますんで、同時進行になり、この段階で仏壇と台座のバランスを確認。

図面上問題なくても、現物で合わしたいというのが本音です。

この機会を逃すと、完成時にしか合わせられません。

ですから、今日の出会いは束の間。「仏壇」と「台座・光背」が次に再会するのは、共に完成に至ってから。

いつ感動の再会の日が訪れるのでしょうか!


つづく・・・



ブツネタ22 「昨日の続き・・・」
ブツネタ24 「“お木仏”イン“お仏壇”」