京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ14 「“ばれん”って…?」

2008年02月07日(木)
これは、バレンと呼ばれます。(写真:上)

高い位置に取り付けて下げる荘厳仏具。

これから、漆塗り・金箔押しの工程へ。

天蓋にも、バレン付の仕様のものがありますね。(写真:下)


うちでは、「幡連」って字を充てたりしてますが、実際、バレンってどういう意味があるんでしょうか・・・


版画に使用するバレン以外に、「馬簾」という単語が載っていて・・・

【纏(まとい)の周囲に垂れ下がっている、革・紙などを細長く切ったもの。】

と、ありました。

「纏」とは、江戸時代に町火消が自分の組の標(しるし)としたもの。

ふと、思い浮かべるのが、暴れん坊将軍の“め組”でしょうか。屋根の上で、振っていたアレですね。

その「纏」の短冊みたいな部分ををバレンっていうんだとか・・。


まぁ 仏具のバレンと雰囲気似てますかね・・・。

いつもにわか知識ですが、悪しからず。


ブツネタ13 「★縁日★」
ブツネタ15 「台座へのこだわり」【其の一】