京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ159 「光背に墨書き」

2010年04月19日(月)




立像6寸の阿弥陀如来像をご拝命頂きました。



阿弥陀さんは、漆箔仕上げの立像6寸。


時間をかけて制作した拘りの仏さんでしたので、

その拘りをご理解いただき、気に入って下さったことは非常に嬉しい限りです。




そして、その阿弥陀さんに安置する台座と光背は、

これまた、拘りのもの。



ワインのように長らくあたため置いていたもので、尾州桧製。


特に、光背は意匠といい仕上がりといい、自信作です。







・・・で この光背  


このあと、漆塗りの工程に移るんですが、




今回、


施主様のほうで、光背の木地の段階で墨書きをされました。






裏側にも銘書き、願文を書かれました。



漆箔の仕上げなので、この墨書きは隠れてしまいますが、


施主様の願いが込められたこの墨書きは、永代消えることはありません。





そして、一緒におられた小さな僕ちゃんも筆をとって一筆☆






上手に地すき部分にサイン☆

なかなかの腕前☆





遠い将来に、復元修理が施された場合、

樹くんのサインは、なかなかの話題となることでしょう・・・☆