京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ4 「何を持たれますか??」

2007年11月20日(火)
今、16躯の羅漢像をお預りしています。

羅漢さん、皆それぞれ違う動きをされて、表情も様々。
見ていて楽しくなります。

羅漢さんの多くが、持物を持たれます。
柄香炉・払子・経巻・団扇・金剛杵・金剛鈴・数珠・・・

今回、多くの羅漢さんが持物を失くされており、
新規に制作することになったのですが・・・

「何を持たはりますか?」 

と羅漢さんに聞きたいぐらいですが、
こちらで決めさせて頂きました。

今はまだ、木地の段階ですが、お気に召されたでしょうか・・・?


ブツネタ3 「きれいに洗いましょ」
ブツネタ5 「金色の仏」