京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ395「位牌の手彫り文字彫刻」

2016年05月09日(月)





仏師、木地師、彫師、塗師、蝋色師、箔押師、彩色師、截金師、錺師、蒔絵師・・・


京都には沢山の仏具に関する職人さんが居ります。




長年、様々の職人さんとお仕事をさせて頂いてきましたが、


最も陽の当たらない職方だと思うのが、文字彫師さん。


主に位牌の文字を彫られる職人さんです。




朝から晩まで文字を彫っておられます。ただひたすらにです。


近年では機械彫りというのが一般的です。


手彫りの職人さんが僅かですが残る京都でも、
残念ながら機械彫りを提供するお店が増えてしまっています。


機械彫りの字はきれいですが、
字が単調で面白くなく、癖もなく、冷たく感じます。
そして、そこに手間暇が掛かっていないという付加価値がありません。


弊社では文字彫師による手彫りを推奨しています。
そこへのこだわりはどこのお店よりも強いと自負しています。




こちらは寺院用の歴代住職位牌。





明治期に作られたようで、もちろん文字は手彫りです。


今回、新たに追加で文字を彫らせて頂くことになりました。










誤字は当たり前ですが、字の配列や空間にも細心の注意を払い、
文字を彫り上げました。


この後は、文字に色を入れていきます。


この方の文字は性格も出ていて、非常に丁寧な字。


職人によって字の癖がありますが、それは書くのと一緒です。






近年の仏壇や仏具の製作は、


‟コストを安くするため中国でのモノづくり”


‟便時間短縮し便利に機械化”


我々のモノづくりにおいては逆行していきたく思います。