京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ68 「続々と塗り上がってきました」

2008年10月03日(金)
現在、修理中の京仏壇。

続々と漆が塗り上がってきました。

上の写真は、雨戸4枚。

黒漆でも、少し曇った感じなのがわかります。

これは、蝋色(ろいろ)漆が塗られた状態で、

このあと、蝋色師の工程に移り、漆黒の鏡面の様に仕上がります。


外部の雨戸や障子は蝋色に移りますが、

内部は、一度組み上げるまでは先に進めません。

下地や漆が新たに塗られ、厚みが増したことにより、塗り上がった時点での
確認が必要となります。


ですから、現在保留中。

じっくりいきましょう…。


ブツネタ67 「厨子の木地が完成★」
ブツネタ69 「続・うちの一重渕ちゃん」