京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ173 「久々☆木瓜厨子登場・・・」

2010年07月09日(金)




木瓜厨子が3月に登場して以来、音沙汰なし・・。
ブツネタ150 「木瓜厨子の木地完成★」



じっくりと、ゆっくりと仕事は進めておりました。




久々なんで、再度木地から登場です。





量産品が多く出回り、意外に格下扱いの木瓜厨子・・・


なんてことを、前にお話しました。







今回制作した厨子は、後の工程で作業がしやすいように、

これだけのパーツに解体できるようにしました。



木瓜厨子は、

木地の段階でも、胴と地覆(じふく)が接着されていることが多いんですが、


漆塗りの工程や、蝋色の工程のことを考えてバラけるように制作しました。




戸丈は2尺5寸。

開けっ放しとなる扉は、そこそこ重量があるので、

蝶番ではなく、軸廻しとし、軸部分は強度を考えヒバを使用しました。





格下扱いと何度も言ってますが、

結構手間の要る木瓜厨子。


木瓜の扉もこのように、




複数の材を接合して作られ、

接合度を高めるために、留接ぎも施しています。





あと、ちょっとしたことですが、


地擦り(じすり)ぶぶんの小足(こあし)は、

完成した後、移動の折に、引きずられることが多く、



多くの場合、“いも着け(接合部に接着剤のみ)”接着のため、

外れてしまっているのを多く見かけます。





今回の場合、塗り分け(小足のみ朱塗り)をするので、

塗師さんが塗りやすいように☆ というのもあるんですが、


後々の脱落がないように、小足にダボを入れました。




木地においては特に念入りに、毎回打ち合わせをしています。


ちょっとしたことですが、今回のポイントのひとつです。



では次回、完成した木瓜厨子の登場です。