京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブログで販売Α崛轎亜Π型厨子」

2018年05月31日(木)



ブログで販売も6回目ですが、


6回中5回が “SOLD OUT” させて頂いております。
有難く思っております


弊社のブログ “日々雑録” も、長年続けておりますが、

時代と共に発信する側も変化が必要なように感じております。




そんな中、HP上では、これまで価格を公表せずにやってきましたが


「ブログで販売」におきましては、価格を表示することは、


ひとつの大きな試みでもありました。








さて今回は、昨年製作した厨子の販売です。







こちらは、弊社が昔から度々製作しています「葵型厨子」です。

扉が付かない仕様です。




あるお仕事のために、見本(ミニチュア)として製作させて頂きました。


見本としての役目を終えましたので、この度「ブログで販売」に登場です。


見本として製作しましたが、実際弊社で保管しておりましたので、

新品とお考えいただいて結構です。


材は欅。総欅造りとなります。
また、天然オイル塗布仕上げとなります。





各部の寸法は以下の通りです。




屋根幅 415mm
屋根奥行295mm


礼盤幅 410mm
礼盤奥行292mm


総高さ 680mm


内部高さ410mm
内部板内275mm
内部奥行215mm

(柱丈 422弌




この大日如来像は身丈3寸。

台座から光背を含めた総高さは36僉







厨子内部の天地は41僉 丁度よいバランスです。


華盤付きの七重座・・。なかなか製作機会も減りました。。。

あくまでこの大日さんは目安としてのご登場です。


台座の形状によりますが、

光背が付く立像の仏さんであれば、6寸や7寸、8寸くらいでしょうか。

とはいいましても、本来我々の業態から考えまして、

こういったお厨子を作り置きすることは基本ございません。

仏像の寸法に合わせ製作するのが本来でありますので、
今回に限り、特別価格としてのお値段を表示させて頂きます。
















総欅造り 葵型厨子

特別価格 180,000円(税込194,400円)

(卸の場合は応相談)


送料は別途頂戴いたします。