京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ265 「ひとつ上の蓮彫り仏器」

2012年01月06日(金)



蓮彫り入りの仏器が仕上がりました。


真鍮製の仏器。

京都で制作される仏器は、他産地製のものと比べ、

地金の厚みがあり、重全体のバランスが格好良く、

京製の仏器をお求めになられるお客様もおられます。


今回はその京製仏器に彫刻を施しました。

口径は2寸5分。寺院用の仏器になります。





蓮弁の彫りが、1段、2段、3段、


そして4段☆






肉厚のある京製の仏器でないと、この彫刻は施せません。

また、3段の彫りでも上等とされるのですが、

今回はさらにもう1段。下から仰ぎ見る角度なら、

そのちょっとした拘りがキラリ☆ と光ることでしょう・・。