京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ30 「山号額の制作 

2008年04月14日(月)
山号とは、寺院の名に冠する称号のこと。

寺院が所在する山の名称を付けている場合と、所在地とは関係なく、仏教用語を山号として付けている場合があります。

例えば・・・「比叡山延暦寺」「補陀落山六波羅蜜寺」。前者は所在する山、後者は仏教用語の山号です。

その山号を記した額が「山号額」。

写真:上は、その山号額の材料となる欅の板。まだ製材前の段階。

総欅材の本堂を建てられ、余った欅材にて山号額を制作することになったんです。

実は、非常に大きな山号額で、横幅で6尺(約180)。

欅ですから、そら重いこと重いこと・・。

製材後、木地師が、写真:下の状態まで造形します。

その後は、ご住職さま直筆の原稿を合わせて、字体どおりに彫刻。

私共は、ご住職さま自らが山号の字を書かれることをお勧めしております。。


続く・・


ブツネタ29 「大日さん関連の彩色完了!」
ブツネタ31 「山号額の制作◆