京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ144 「そうだ、京都で、つくろう」

2010年02月04日(木)






『そうだ 京都、行こう。』


JR東海が展開する京都観光のキャッチコピー。







それに、あやかって


『そうだ 京都で、つくろう』



仏具・仏像・仏壇を京都で作りましょう☆  の意をこめて・・。


なんか聞き心地がよいですな・・・。  まあ、パクリですけど。






今回は、

『そうだ京都で、位牌つくろう』


京仏商谷口は、京製のお位牌を推奨します。





今回は、ヒトエブチちゃんやムジローちゃんではなく、


『葺蓮華の五重座』




型としては、定番なので量産品でも似たようなものがありますが、



やっぱり、彫刻にしても、漆塗りにしても拘って制作していますので、

ちゃんと見比べてもらえれば、違いが歴然です。







今回は、葺蓮華を岩彩色の上に截金を施しました。






昔は、位牌もバリバリ京都で作っていたんですし、


魂を入れる対象となる位牌ですから、もっと重きを置くべきだと考えます。


京都の職人によって作られたお位牌を絶やさないよう、


一人でも多くの方に存在を知って頂きたいです。




『そうだ 京都で、つくろう』