京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブログで販売 嵬收修剃刀(おかみそり)」

2015年12月07日(月)




新規カテゴリーです。


今まで、お値段をHP上で提示したことはありませんでしたが、


この「ブログで販売¥」というカテゴリーでは、しっかり売り込みをさせて頂きます。


弊社は、卸をさせて頂いておりますので、卸価格については御問合せください。




「ブログで販売¥1」


『木製 変わり漆塗り お剃刀(おかみそり)』




第1回目は、おかみそり です。


お剃刀には、金属製のものと、木製で箔押ししたものがございます。




今まで特に おかみそり を作りたいなんて思ったことなかったのですが、


ある木製のおかみそりを見た時に、「なんか剃刀っぽくないな」と思いました。


それが今回の動機です。






剃刀自体を詳しいわけでもありませんので、


とりあえず、私なりにカッコ良い形を具体化し製作したのがコチラ。













なんかホンマに切れそうな感じ。


材は欅です。




当初は、木目を生かす仕上がりを予定していましたが変更。


堅地(漆下地)を施し、漆を塗り上げました。







そして、弊社で時折取り入れる‷変わり塗り‴を施しました。








表面が細かな粒子の粉を蒔き研ぎ上げます。
通称THEラザラ。


刃の部分で細かさを変えています。


ここに漆でプラチナ箔を押していきます。





“2度押し” です。















それにしても面白い仕上がりになりました。


細かさの違いがよくわかります。それが吉と出ましたね!


最後に、柄の部分に正絹の紐を巻いて完成です。








面白いお剃刀が出来ました。


木地、漆塗り、蝋色、箔押、紐房 の5工程。
それぞれ専門の職人の手に渡ります。


刃物の形、堅地、Theラザラ、プラチナ2度押し等


特記事項は沢山あれど、色んな加飾を施しても、刃物のラインが崩れることなく
仕上げることができたのが今回の最重要ポイント★


さて、気になるお値段は、


小売希望価格は、34,000円(税別)


卸価格はお問合せください。


まだ出来たところで箱等は作っておりません。
紙箱は無料ですが、桐箱等は実費になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


12/20 SOLD OUT


受注製作可能