京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

仏像修理のハ・ナ・シ2 『弘法大師像の復元修復◆(全5回)

2007年11月13日(火)
前回より続き…

さて、復元修復のご説明にまいりましょう。

お像の損傷状況としては、摩損や彩色の剥落、木寄せ箇所の遊離が見られました。遊離は、木寄せ各箇所に見られます。特に虫喰い等の被害は見られない様です。傷みの程度としては比較的軽い状況でした。

第一段階として、ご洗浄を行います。薬品を使用せず、湯水で彩色や下地を落とし、木地の状態に戻します。

接着剤は膠、下地は胡粉地でしたので、解体作業は順調に進みました。
水に浸ける時間は極力短く、乾燥は陰干しで。
乾き次第、木地の補修にかかります。

次回は木地補修と下地工程をご説明いたします。


写真上:洗浄中
写真下:解体後


次回へ続く…