京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ1 「檀像彫刻完成」

2007年11月01日(木)
今日、ビャクダン(白檀)の阿弥陀像が1躯彫り上がりました。

当社の専属仏師の阪本は、主に在家用の木仏を担当しています。
今までに彫り上げた檀像は、優に1,000躯以上。

非常に堅い材質である白檀は、彫刻をするのにも桧や松などと比較して技術と時間を要します。また、高価な材であるため、材の選定には特に注意が要ります。 木目や木肌、重量等で木を選定しますが、切ってみないとわからないところもあるので非常に難しいのです。

阪本がいつも苦い思い出としてよく私に話してくれます。
インドから輸送される白檀の原木は、礎渦舛砲覆蠅泙后L斂椶睥匹、重さもあり、これはいけると思い、工房で切ってみると中から土が出てきて、えらい目に遭った・・と。しかもノコの刃も駄目になってしまった・・。
香木屋も見抜けず仕入れたのですから、余程うまく誤魔化していたのでしょう。内部に土を混入するなんて無茶苦茶です・・・。
そんな経験を経てこそ、材の選定にも磨きがかかるわけです。

さて、この阿弥陀像は、次は彩色師の手に移ります。そこで螺髪・眼・眉毛・髭
等の彩色を施します。

写真上:木取りした白檀材と彫り上がった檀像

写真下:仕入れ風景(香木屋にて)


ブツネタ2 「京製位牌」