京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ299 「通し彫り焼香机の修理☆完成」

2012年06月05日(火)



本日は、修理の焼香机が完成に至りましたのでご報告します。



彫刻を木地に戻し、繰型の面も木地出し・・・ この内容は、

ブツネタ274 「通し彫り焼香机の修理」 でお話しました。



蠟色漆を塗り上げたところまではお伝えしましたが、







その後、蠟色を施し、





金箔を押し、金具を打ち、組み立てて完成に至りました。










甲反り、通し彫り、脚の繰型、なかなか個性的な机ですが、

今回、大きな損傷がない中、ご修復のご拝命を頂いたので、

より一層の完成度を目指しました。








繰型の面は、塗り膨れて埋まることなく、

くっきりとしたラインを生かすことができました。






蠟色の仕上りもかなりの満足度★

この天場の写り込みを見て頂ければ一目瞭然。


塗師と蠟色師さんの頑張りの賜物ですね。



そして、今回のこの焼香机は、総蠟色★





あげうらまでこの通り、バッチリ蠟色。


修復して良くなったと思って頂けることでしょう。