京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

仏像修理のハ・ナ・シ3 『お木仏の局部修復◆(全5回)

2008年02月17日(日)
前回より続き…

修理の工程ですが、

最後の仕上げで、胴体と色を合わせる古色仕上を施しますが、言わば頭部のみの復元修復。

修理にかかるその前に・・・ちょっとしたアクシデント▼

接着が甘くて玉眼が外れても、構造上、お顔の内部に玉眼が落ちているはずなんですが、なぜか1躯の玉眼は見当たらない・・・。

ということで、無い分は、新たに玉眼を制作することに・・。


そして、まずは洗浄から。

ねずみ色の部分は下地。

その上から、黒の彩色をしています。

水に浸すと、膠の接着がゆるみ、木寄せ箇所が離れました。

下地を残らず除去し乾燥させ、木地の補修を行えば玉眼を取付けます。


・・・さて先ほど、あるはずの玉眼がないと申しました。まぁこれは、人為的なものですし、不思議ではないんですが・・・

なかには、「なんで?なんで?」と思うようなことが、修理の際によく出てきます。

そんな疑問を抱くような仏さんに出くわした時は、非常におもしろく、後にも記憶として深く残ります。

そんな疑問を、この神将さんは抱かせてくれはりました。


次回へ続く…