京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ428「厨子の幕板が完成したよ」

2018年06月15日(金)


厨子の幕板が仕上がりました。


「幕板(まくいた)」

一般の住宅や机などの家具でも、幕板と呼ぶ部分があるようですが、

仏具においては、この部分を幕板と呼びます。



厨子において扉内部の上側に付く板のこと。





その場合、加飾方法は彩色で文様を描いたり、

中には蒔絵を施したり。。(今回は彩色ですが)様々です。






幕板の付かない厨子も多いのですが、

幕板があれば、厨子のワンポイントととして、自由な選択が出来ます。



今回の厨子は、


以前にご紹介した厨子の幕板になります。

ブツネタ421「厨子の木地が仕上がりました」


比較的大きな厨子になりますが、
扉がないシンプルな形状ですので、


幕板の彩色は、ごく一般的ではありますが「宝相華唐草」。



ごちゃごちゃした文様ではなく、あっさりと。

でも、岩絵の具を使用して、より上品に仕上げました。


岩絵具は顔料のこと。

粒状の顔料を膠によって塗り重ねることにより、
水干絵具とは違う風合いが出ます。(画像ではわかりにくいですが)

繧繝(うんげん)の濃淡の濃い部分と地色を岩絵の具を使用。

今回の番手は、10番〜13番で粒子の細かい岩絵の具を使用しました。












厨子の工程も、金箔押しを残すだけ。

来週からは、金具打ちと最終の組立て。いよいよ大詰めです。