京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

鷄撚茲肇魁璽辧爾鉢12 「バレンタインデー」

2010年02月10日(水)



水曜定休日。




今日は、試写会のチケットが手に入ったんで、大阪・本町まで。



御堂会館で、ひと足先に『バレンタインデー』を鑑賞。






今ならば、他に観たい映画が何本かあるので、

この試写会がなければ、観なかったであろう作品。






さて本町は、僕にとっては思い出の場所でもあります。


昔、勤めていた会社が、本町は博労町というところにあって、


御堂会館もすぐ近く。




開場まで時間があったので、


当時よく通っていた2軒のお店に行きました。


共に、船場センタービル9号館地下2階にあります。


1軒目は、「せんば自由軒」





難波の自由軒が有名ですが、僕は自由軒と言えば「せんば自由軒」。







豊富なメニューがあるものの、やっぱりいつも「名物インデアンカレー」





そして2軒目は、「純喫茶 三輪」





エンジのベルベットのソファーがかなりいい味出してます。


そしてかなりの広さ。


コーヒーを頼むと・・・







ピーナッツが付いてきます。


すごい昭和な感じ。 純喫茶といえば、このお店だろうと…。







映画のほうですが、


まず御堂会館の席の狭さに驚きました。

カップホルダーなんてものは無いし、もちろん指定席でもないし、

最近の映画館やシステムに慣れると、

旧式の会館で映画を観るのは辛いな・・・ていうのが1番の感想。



内容のほうは、

登場人物が多いので、最初は誰が誰かわかりにくいんですが、

話が進んでいくうちに、それぞれの個性も見えてきて、

常に軽いオチが付いているので、微笑ましい楽しく観れる映画でした。



 2010年観に行った映画ランキング 

 第1位 アバター
第2位 バレンタインデー 
第3位 サロゲート 
第4位 パブリック・エネミーズ