京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ20 「耳+糸+糸+丱は?」

2008年02月29日(金)
正解は「聯」・・・ “れん”と呼びます。

柱や壁に相対して掛けられる細長い書画の板。

柱聯(ちゅうれん)ともいいます。

欅の擦り漆のものが一般的です。


寺院仏具としては、規模の小さいものですが、ちょっと手間の要る仕様でしたので「日々雑録」でご紹介。

この聯、木地師・塗師・蝋色師・彩色師・蒔絵師 と完成までに5名の手に渡りました。それぞれが重要な工程となります。
各工程の説明はこちら

この聯の特徴は、隅木瓜【黒矢印】 と地すき箇所の浮き面【赤矢印】。

浮き面には朱漆を塗り、黒塗り箇所は蝋色を施し、地すき部分に岩緑青を蒔いて、本金で文字を描く。

なかなか神経のいる仕事。職方さんも頑張ってくれました。



ブツネタ19 「火焔光背」
ブツネタ21 「伝えて残したいもの」