京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ310 「別製・六角吊灯篭の完成★」

2012年08月23日(木)




別製の六角吊灯篭が完成しました。




木地完成以来の登場です。

ブツネタ290 「八角の次は…別製の六角型吊灯篭」




今回の仕様は、

黒漆塗りで、面には朱漆塗り。

菱格子や格狭間の見込等、一部を金箔押しとし、

框4段に毛彫りの銅地金具打ちとしました。











この灯篭の最大の特徴である蕨手は、

カドをくっきり、塗り膨れないように。









上部の枠の透かし連子。

こちらの連子棒も塗り膨れがないように仕上げ、












今回は、灯り取りがメインで無いので、

下部の格狭間には、裏板を付け、色漆(ウルミ)を塗って仕上げ、

菱格子の火袋と、底の蓋のみに和紙を張りました。




格天井の枠が黒塗りなので、合吊金具はイブシメッキとしました。










木製の吊灯篭は、存在感がある上に、

荘厳の演出を引き立ててくれる仏具として非常に重宝しています。