京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

仏具修理のハ・ナ・シ13『文字額の修理』(全1回)

2014年02月23日(日)



25年ほど前に制作させて頂いた額。



「御祈祷殿」





自動車の祈祷所であるご寺院様。

存在感のある額です。


2尺5寸×2尺2寸の黒漆塗りの地板に、

漆箔の文字を固定しています。


シンプルなつくりですが、

ズシッとくる重量と、高所での作業になるので注意が必要です。





軒があるものの、風雨にさらされるため、

文字の下側は、金箔がだいぶ擦れてしまっていますが、

下地はもちろん硬地ですので、下地の剥落等はなく、ビクともしていません★















良質な尾州桧で制作しておりましたので、

反り止めに入れたこの部分が、若干動いて、

凹凸をフラットにする程度の木地補修で済みました。






同様に、堅地下地を施し、






蝋色漆を塗り上げました。





表面の点々は、文字を取り付けるホゾ穴です。











文字には漆を塗り上げた後に、





摺り上げを施しました。


金箔は2度押しし、











摺り漆も数回行い、




艶を出しすぎない半艶蝋色で仕上げた地板に、文字を取り付けると、














蝋色をどのように仕上げるかが微妙な判断でしたが、

あまりに艶がありすぎると、
天気の良い日には黒の艶が勝ちすぎるのではないかという危惧と、
艶がぼけてきた時の違和感を考え、

半艶での仕上げとしました。




そして、取り付ける金具ですが、

25年前に制作した際は、鉄製で錆がかなり出ていましたので、




・・で今回は、

ステンレスで作り替えました。




右2本は取り付けられていた鉄製。

左2本は作り替えたステンレス製。
色を焼き付けているので見た目にはわかりませんが。

錆びないまでも、
鉄のような錆び方はしないので、より安心です。

もちろん、ビスもステンレスです。







では、取り付け後の写真です。














よみがえりました★