京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

モノづくりの現場から12「絵師と表具師の工房から」

2016年09月09日(金)



絵師と表具師の工房から。




在家用の掛軸。。
ごくごく当たり前と思っていた絹本手描きで本表装の在家用(仏壇用)の掛軸。




なかなか手間が要る上、上代を高く設定しにくいため、
製作する側としても少々キツイお仕事にはなってきますが、


印刷で機械表装の掛軸を当たり前のように扱うようにはなりたくないので、
無理をしてでも絹本手描きの本表装で在家用掛軸を製作しています。











絹枠に絵絹を張って、絵師さんが描きます。





今回は、浄土の両大師像。
善導さんの半金色は、裏箔にて表現。












枠から絵絹を外して絵師の工程は完了。


説明は簡単ですが、それなりに時間は掛かります。
印刷のように早く仕上がれば非常に楽ですが、


やはり、ひとつひとつを絵師が描くところに価値を感じて頂けると嬉しいのですが。



そして本紙は、表具師の手に渡り、


本日表具師の工房をのぞくと、裏打ちされ板張りされた状態に。








週明けには完成ですかね・・。