京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ292 「仏壇の障子を張り替えるなら…」

2012年05月08日(火)



時折、仏壇障子の紗の張替えの依頼を受けます。


紗と言えども、内容は様々。


当社では、金紗(金糸を織り込んだ紗地)で、唐草柄の竹屋町裂でも

刺繍の多く入った裂地を使用しています。









既存の紗を外し、糊で残った紗をペーパーで磨いて除去。









表面を整えてから、紗を張ります。









上品な金紗です。

これくらいの刺繍になると障子自体が華やかになります。








竹屋町裂(たけやまちぎれ)関連

ブツネタ66 「障子に使うよ☆竹屋町」
ブツネタ131 「京仏壇のご修復」
ブツネタ185 「仏間・床の間推進委員会より」