京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ224 「続・個性的な太子像」

2011年03月26日(土)




ブツネタ216で登場した太子像の畳・礼盤。



畳は胡粉下地、

框・小足は、艶消しの黒漆を塗り、





畳には繧繝縁(うんげんべり)の彩色を施し、

框・小足と共に古色の彩色を施しました。






正面背面側面は淡く古色をし、

普通であれば、天場には埃が積もり汚れがより目立ちますんで、

天場には古色を深いめに仕上げました。



仏具においての畳の縁は、大きく分けて、

繧繝縁と高麗縁(こうらいべり)のどちらかになります。


聖徳太子像の場合、

より高い地位であることを示す繧繝縁になります。