京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

☆彫りあがりました★ぁ 崔描阿弥陀如来像」

2008年03月30日(日)
限りのある老山白檀。

あと、何躯制作できるんでしょうか・・・。

今日も1躯彫り上がりました。


お身丈、立像5寸の阿弥陀さんです。

この後、目・眉毛・髭(ひげ)・螺髪(らほつ)を彩色します。



「髭」について少し・・・

関東方面の得意先様に納める場合、髭を描かないことが少なくありません。

京都では、髭を描くのが通常。

地域によって仕上げ方に差があるのも面白いです。

観音さんになると、地域に関係なく髭を描くことに抵抗を持たれることが多く、描くとしてもごく淡く描くことが多いです。


彫りあがったお木仏に、面相筆を使って、瞳や髭を描き入れる彩色師。

高度な技術と経験を要する工程です。



☆彫りあがりました★ 「烏枢沙摩明王像」
☆彫りあがりました★ァ 岼貊党式滅廖