京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ438「寺号標札の製作」

2019年05月23日(木)


これ、何かわかりますか?






お寺の標札、掛け板です。

墨で書かれた山号と寺号が、日に焼けてしまって、

なんて書いてあるかわからない状態になっています。


この度、この掛板を新しくして欲しいとご依頼を頂きました。



とはいえ、ただ新しくするのであれば、

板を用意して、墨で書いて、コーティングして、

完成して、取り付けました! で終わりなんですが、



今回は、

既存の文字を復元し、新しい板に写し、墨で書くのではなく、

彫って表現するというご依頼でした。



歴代のご住職が書かれた文字の復元は、

照明の角度を変えて、何枚も撮影し、

その画像を取り込んで、画像を補整し、






夜な夜な作業・・





そして、

何とか、ここまでは こぎつけたのですが、




「寺」の字がどうしても復元できず。。。

かなり時間をかけ、寺の字を書いてみたものの、

しっくりくる「寺」を書けず。。。


お寺の山門に掛ける標札ですので、妥協するのも違和感が残ります。



そして、別案として浮上したのが、

過去帳に残されたこちらの字。







過去帳に残された、歴代住職の山号と寺号の字。

くっきりはっきり読み取れます☆



板に転写するとこんな感じ。

なかなか、かっこいい字です。



板は、尾州桧。

目の細かい良材を厳選しました。





文字を起こしたのが、こちら。




さらに、「方」と「寺」を離すことにして、

これが最終決定の文字となりました。





こちらを、今回は手彫りではなく、レーザーにて文字を彫刻。


こちらは彫刻後、彫った中に色を入れた後の写真です。




その後、コーティングをして完成。

取付け完了後はこんな感じ。









彫ってないように見えるかもしれませんが、

結構深く彫れています。

画像を補整したら、わかりやすくなりました。



結構深いでしょ。


手で彫ることが第一と考えておりましたし、

実際、手彫りの方が味があり、その良さもわかっているつもりですが、


今回のように、字を復元したり、データ化して文字を起こす場合、

機械に頼ることもアリだな、っと。


まずは、お客様に喜んで頂くことですね。