京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ401 「2躰のご本尊 ふたたび」

2016年07月15日(金)


ブツネタ393「2躰のご本尊」の投稿から3ヶ月。


続編を更新します。



前回がどういったお話だったかと申しますと・・



大事に祀られてきたご本尊が、寸法上、新しい仏壇に納まらないから、

新しいご本尊を迎えられたと思われる案件。



さぞ大きなご本尊と思いきや・・ 身丈(立像)6寸。

新しくされたご本尊も 身丈(立像)6寸。。。








確かに
古いご本尊を仏壇内に納めると、こんな感じではありますが



台座を改造するなり、新しくするなりすれば解決する話です。



ですが、新しいご本尊をお迎えになられた・・・。



と〜っても爐いんせん”な実例。


お仏壇を納められた業者が、おそらく専門性のないところだったと推測しますが
こういったのは非常に残念です。


旧ご本尊に思い入れの強い先代さんは、
仏壇近くに別のケースにこちらのご本尊さんを保管されていました。


で、今回、仏壇を移動を担当させて頂く際にヒアリングさせて頂き、

本来のご本尊であるべき阿弥陀さまを
ご本尊として迎え入れましょうというご提案をさせて頂き、


予算的に台座自体を新しくするのは難しいので、
台座を改造し、仏壇内に納めましょうとお話が進みました。




まずは、台座を傷めないように慎重に解体。





段数で言えば、3段ほどを省きます。
再利用するのはこの部分。




重ねるとこんな感じに。 これで大分高さは抑えられますが、




ちょっと不自然なので、1段だけ補作します。




あと、光背は先が欠損。






こちらは欠損部を補作し、古色にて色合わせ。




あと、上げ手の指にも欠損がありましたので






補作し、古色の色合わせをしました。






そして台座のほうですが、このように改造修理が完了しました。


総丈は、既存のご本尊よりも低くすることができました。



六角型の台座としては異形にはなりますが、

1段補作し、古色をしてしまえば、違和感はありません。






仏壇内に安置しますと、このようにきれいに納まりました。




お仏壇も大事ですが、まずはご本尊です。(声を大にして)


長年受け継いでこられたご本尊ですから。。

まして、新しいご本尊を迎えられても、大事に保存されていた阿弥陀さまですから。。