京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

【見仏★記vol.2】 拝啓、稲房様・・・

2007年11月17日(土)
久々に【見仏★記】です・・・。

14日の話ではありますが、ふと茶団子が食べたくなって宇治へ行きました。
宇治は私の故郷。茶団子といえば、稲房安兼さん。ここの茶団子ホンマおいしいんです。

稲房さんに行く前にもう一つの目的、平等院へ。

何度も行ってはいますが、現在平等院羅漢堂の特別公開が行われています。
想像していたよりも小さなお堂でしたが、釈迦像と十六羅漢像が所狭しと並んでおられました。平等院に羅漢像があるのを今回初めて知りました。
羅漢像といえば、萬福寺ですが、こちらの羅漢もなかなかいい表情されてました。

不動堂には不動三尊と役行者の姿も。観音堂には平安期の観音像や不動像を間近で見仏できます。ここは穴場です。

そして、いよいよ鳳凰堂へ。定朝作の阿弥陀如来像、何回見てもやはり凄いです。オーラが違います。

宇治駅周辺は、平等院だけではありません。京阪宇治駅近くに橋寺放生院があります。こちらの地蔵菩薩像が、すばらしかったのを思い出し足を伸ばしましたが、残念ながら拝観は出来ませんでした。一度、見仏させていただきたいですね。

宇治橋からの宇治川の景色は最高です。茶団子もおいしいですよ。そうそう、すっかりわすれてましたが、稲房さん水曜定休日です。

また、出直します。


【見仏★記vol.3】おんりーわん朱印
【見仏★記vol.1】嗚呼、蔵王権現・・・