京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ378「らもう♪らもう♪らもう」

2015年08月10日(月)




羅網瓔珞(らもうようらく)のお仕事が重なりました。

3件重なったのですが、全て完納したのでまとめてご報告します★




そもそも羅網(らもう)ですが、阿弥陀経に

「又舎利弗、極楽国土、七重欄楯、七重羅網、七重行樹皆是四宝、周巾囲繞。」

とあり、

極楽は宝石で出来た囲いが張り巡らされている。
その囲いは宝石(四宝)で出来た網で、その網を羅網(らもう)という。

簡単に言えばこういった感じでしょうか。


そんな極楽浄土の表現し、堂内を厳かに演出する荘厳仏具が

今回ご紹介する羅網瓔珞(らもうようらく)です。

羅網の先は別世界★  そんな演出、そんな荘厳です。





羅網1件目は、

15年程前に内陣荘厳仏具を一式納入させて頂いた御寺院様にて、

両脇壇上の虹梁に、七宝焼きの羅網瓔珞を取り付けさせて頂きました。




取り付け前




取り付け後




取り付け前




取り付け後








七宝焼きの羅網瓔珞。


過去に何度か貴石繋ぎで羅網瓔珞を納入してきましたが、


仏具修理のハ・ナ・シ3『須弥壇・脇壇の修復ぁ 

・・・メノウ・ホワイトオニキス・インドヒスイ


ブツネタ277「羅網瓔珞の納入」

・・・全て黄水晶



今回は、緑と紫の白のオニキス系の石で繋ぎました。



瑪瑙などのはっきりした色を使わない分、上品に演出できました。






続いて2件目。

こちらは25年程前に弊社が納入させて頂いた七宝羅網瓔珞。











こちらの写真は旧本堂。


本堂建替えに際し、羅網瓔珞をメンテナンスし、

新本堂に合わせて取り付けることになりました。



新本堂が全く違う造りとなり、

その吊り方を試行錯誤しながらも・・








新本堂の荘厳を違和感阿なく、うまく演出することが出来ました。




そして、3件目。

こちらは30年ほど前に納めさせて頂いた・・・

ご寺院様の内陣ではなく、一般在家様のお仏間。



仕込み仏壇の鴨居に取り付けた銅地透かし金具の羅網瓔珞。






すべて解体し、金属はメッキ替えし、

玉はPCから、貴石にグレードアップして繋ぎ替えます。











羅網瓔珞のほか、障子金具もメッキ替えと、紙の張替えをし

お盆を気持ちよくお迎え頂ける様、本日納入致しました。



3件の羅網瓔珞のお話でしたが、うち2件は修繕。

その場しのぎの荘厳具ではありませんので、メンテナンスをすれば、

永く厳かに、また品良く華やかに演出できるものだと再認識しました。