京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

【yomoyama −和ろうそく−】

2010年08月01日(日)




和ろうそく






〜〜 櫨(はぜ)の実から搾り取った木蝋を加熱して熔かしたものを、


和紙およびイグサから作った芯(灯心)の周りに手でかけ、

乾燥させてを繰り返して作る。


完成した蝋燭は、断面が年輪状になる。
〜〜


(ウィキペディアより抜粋)





こちらは、櫨(はぜ)の実。



この実を蒸して圧搾して採取され、和ろうそくが作られます。





これを踏まえて・・・

こちらをご覧ください。




朱色の和ろうそくが、3本並んでいます。

大きさはほぼ同じ。



実はそれぞれ特徴が異なるんです。





13時30分に点灯し、




中央の灯が、しばらく小さかったんですが、

特に大きな差はなく8分が経過し、



大きな変化が見られたのが、点灯してから9分後・・




向かって左の和ろうそくの灯が大きくなってきました。






さらに、11分が経過した頃には、こんなことに・・。






さらに、この黒煙・・




中央と向かって右側の和ろうそくは、

黒煙は上がってませんが、





左の和ろうそくからは、黒煙が絶え間なく・・・







さて、、

この灯りの違いは何なんでしょうか。





〜〜 櫨(はぜ)の実から搾り取った木蝋を加熱して熔かしたものを、

和紙およびイグサから作った芯(灯心)の周りに手でかけ、

乾燥させてを繰り返して作る。


完成した蝋燭は、断面が年輪状になる。
〜〜


(ウィキペディアより抜粋)






和ろうそくとしての説明は、上記の通りなんですが、


付け加えると、

櫨(はぜ)の他に、お米の糠(ぬか)から作られる和ろうそくもあります。

共に植物性のろうそくですんで、



石油系のパラフィンろうそく(洋ろうそく)、と違って

煤(すす)が出にくいのが長所でもあります。





煤が出にくい・・・




向かって左のろうそくは、

和ろうそくの姿をしていますが、パラフィンが原料。



ちなみに中央のは、櫨ろうの型掛け。

向かって右が、櫨ろうの手掛け。



型掛けというのは、芯を入れた木箱にロウを流し込んで作る製法、

手掛けは、芯にロウを手で塗り重ねて作る製法です。





手掛けのろうそくは、

年輪状になると先に言いましたが、こんな感じです。

手間ひま掛けて作られているので、なんだか愛おしくもなってきます。





他に、和ろうそくには、
炎の独特の揺れる感じや、炎が長時間保つ等の長所もあります。



洋ろうそくは廉価で扱いやすいのが長所でしょうが、


和ろうそくの形をしたパラフィンろうは、なんだかあんまり・・・。




できるかぎり、

櫨ろうや糠ろう、

今回は登場しませんでしたが、蜂蜜が原料に含まれる蜜ろう等、

植物性のろうそくを、当社はお薦めしたいです。