京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

仏具修理の話21『聖天厨子の修復』

2020年01月13日(月)


今回の仏具修理は、聖天厨子です。

「聖天」という2文字が付くだけで、いつもより気が張ります。。





聖天さんは仏教の天部にあたり、歓喜天とも呼ばれます。







体は人、頭部が象(象頭人身)で2躯が抱き合っている、という特異な姿は、

本やネットで見ることはあっても、実際拝見することはまずありません。

なぜなら、聖天さんは、必ずといっていいほど秘仏として祀られるからです。



また数多くの仏像が厨子に祀られますが、

阿弥陀像を祀る厨子を阿弥陀厨子、
観音像を祀る厨子を観音厨子、
とは呼ぶことはありませんが、


この聖天さんに限り、
「聖天厨子」と固有の名称で呼んでおります。


それだけ、この「聖天厨子」は特別な厨子であることがわかります。




弊社も、比較的、聖天厨子の製作は多いほうで、

製作事例

製作事例

他にも事例はあるのですが、
概ねこのような形状の聖天厨子のご縁を頂きました。。





またこちらの画像は、弊社製作のものではありませんが、

シンプルながら荷葉の彫刻が素晴らしく、また輪宝の打掛けがユニークで、


是非参考にしてみたいと思い、画像を保存しておいた聖天厨子です。





この分も含めて、

蕨手付きの屋根、屋根上に宝珠が付く、丸型である、
扉には錠が付く、荷葉(蓮の葉)型の台座、

などが共通する特徴でしょうか。。






前置きが長くなりましたが、今回修理させて頂いた聖天厨子はこちら。




これまで見てきたものと比べると非常にシンプル。

色んな拘りを削ぎ落とした仕様とでも言いますか、

それでも、きれいに修復すれば素敵な厨子に生まれ変わります。




まずは、木地修理から。

損傷具合は、



胴部背面に割損があり、何かの拍子で屋根が崩れ落ちそうな状態。




礼盤(下台)に数か所の欠損がありました。ネズミによる被害にも見えます。


シンプルな形状ではありますが、礼盤には三弁宝珠と



聖天さんならではの大根の彫刻が4つ施されていました。

これがあるだけで、十分聖天用というのがわかります。





あと、片方の扉が
下の画像のように歪みが生じていて


大きな隙間が出来てたので、再利用は不可。 扉1枚は取り替えました。





他に、厨子床板と、地覆を取替え、天井を補作。

屋根の宝珠は新しく新誂。

礼盤の欠損個所に埋め木をし、木地修理は完了です。


そうそう、

あと、2点のダボを設置。



もとは台に厨子を置いているだけだったので、これでしっかりと固定。


その後、塗師の手の渡り、

下の写真は漆塗上がり後のもの。蝋色下です。





もとは、厨子が朱、台が黒と溜色でしたが、朱は溜に統一。


塗上がり後は蝋色師へ。

外部は総蝋色。

厨子内部は摺り上げの上、金箔押し。

台の彫刻には、純金鈖を蒔き、

最後に金具を取付けて完成に至りました。










アールがあると光を拾いやすくて、蝋色のし甲斐があります。


あと、よく見るとわかりますが、
丸屋根が、若干歪んで見えます。

今ですと、

弊社の木地師ですといわゆる挽きもの、轆轤(ろくろ)によって成形しますが、


昔は、轆轤がなかったので、
手で削りながら仕事をされていたのがわかります。


(まあ、手でももっときれいに成形される職人さんもいたでしょうが。。)


今回は、聖天厨子の修理のお話でした。