京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ413「灯篭台の製作 

2017年06月12日(月)



灯篭台を製作させて頂きました。




灯篭台ってどうしても脇役にみられがち。。
台灯篭を追い抜いて、台の方が主役にはさすがになれません。


なので、灯篭台の種類って他のに比べてバリエーションが少なかったりします。




今回製作させて頂いたのも一見普通っぽいのですが。。




こちらは図面。




繰型の部分。特に珍しくもなく、、という感じでしょうか。



そして、もう1枚。

六角型の灯篭台ということがわかります。



他に。。

そう、格狭間と裏板の部分が円を描いています。

今回、上下框は六角ですが、格狭間にアールを付けました。


ほんで?
という感じかもしれませんが、


通常の平らな板とアールの付いた板では、手間がかなり違ってきます。





2枚の板を矧いで、かんなで削ってアールを付けます。



こうやって置くと、




こんなんしたくなったりもしますが、



格狭間とその裏の板共にアールを付けるので、


手間が掛かることは理解して頂けると思います。



脇役的な灯篭台は、例えば今回のような六角型の場合、

前側三方のみに繰型を設け、

後ろ三方を無地(繰型なし)にしていることが多いです。

今回は四方造りとしているので、

格狭間板とその裏板が12枚×2ということになります。


こちらは上框。
天板の中央にはコードを通す穴が空いています。

あと手間の要る工程が、このミゾ。
格狭間板を固定するミゾになります。

これもやはり、アールになりますので、直線と比べると手間が要ります。





こうやって眺めてみてると、

電車を走らせてたくなります。





さて、木地の完成がこちらです。









続きは次回に。。。