京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

レッツ!エキシ!ァ 峭駟 法隆寺金堂展」

2008年07月20日(日)
明日が最終日となる「国宝 法隆寺金堂展」☆

先日、やっと足を運んできました。

5月に東京であった「国宝 薬師寺展」同様に、

女房を質に入れてでも観に行かなあかん展覧会。


展示点数としては、それほど多くはないものの…

一点一点の内容が凄いのと、あと展示方法に感動☆

特に、四天王像が会場の中央を横並びに四躯、間隔を空けて展示されていたには、鳥肌が立ちました。

四天王像を取り囲むように、再現壁画、釈迦三尊と薬師如来の台座、西の間と中の間の天蓋が展示。

再現された壁画を抜いて、どれも飛鳥時代のものばかり。


でも、やっぱり主役は四天王☆

法隆寺に行けども、国宝の展示には、かなりの規制があって、

遠くて、暗くて、雰囲気だけを楽しむに留まっていたあの四天王像が、

こんなに間近で観れるなんて、嬉しい限り。しかも360度☆

こういった展示は、寺院での拝観では難しいでしょうから、

「国宝 薬師寺展」でもそうでしたが、すごく嬉しいことです。

もちろん、図録も買いました☆


レッツ!エキシ!ぁ 崟仔疎聖劼罎りの名宝」
レッツ!エキシ!Α japan蒔絵」&「国宝三井寺展」