京都市西京区の京仏具匠、京仏商谷口。寺院・在家用の仏像、寺院荘厳仏具から仏壇まで製作・修復いたします。

株式会社 京仏商 谷口 京の仏具匠・谷口谷口へようお越し
仏像を彫る特別対談日々雑録製作事例谷口のこと
お問い合わせリンク集サイトマッププライバシーポリシー
日々雑録
京都には熱い思いを抱いた職人たちが大勢います。この日記を通して“ものづくりの心”を少しでもお伝えできればいいな、と思っています 専務取締役 鶴島 義允

ブツネタ367 「嫁がれました★十三佛☆」

2015年01月12日(月)




寒い日が続いてます。風邪もはやってます。

頑張っていかなあかんな〜なんて言うてやってるんですが。



さて、今回も掛軸です

なぜか今年になってから軸関係のお話が続きます・・。



かれこれ2年ほど前に ブツネタ319 「真言十三仏の本紙描き上がりました」 の

投稿をいたしましたが、


ようやくご縁を頂戴しました。 





真言十三佛の絵像。

枠に張られた絵絹。 やっと表装することとなりました。



今で一般的に流通している集印軸や十三佛などの床掛けのお軸は、

多くは印刷。 あと、似非手描き。


塗り絵みたいに下絵が印刷されていて、

そこに色を塗り、文様を描く。それが似非手描き。 

僕が勝手に言うてるだけなんで正式な言い方ではありません。




とりあえず、

今回のこの十三佛軸は、絹本の手描き(似非ではないです)

表装は機械による圧着ではなく、手表装。

わざわざ言うことではないんですが。


とりあえず今日は、そういった略して製作されたものばかりだということだけでも
覚えて帰ってください。











そして、良い仕事をしたいと思う職人さんが京都に居はること、

良い仕事を良心的に提供したいと思う仏具屋があることも覚えて帰ってください。


それでは、今日はこのへんで。